.

Hour of Code は小学生から始められる世界的なプログラミング入門教育キャンペーンです。

2016年5月5日(木)こどもの日に
110会場・12,633人がプログラミングに参加しました

当日使用した教材はこちら

Hour of Code こどもの日1万人プログラミング
開催趣旨

コンピューターリテラシーの必要性は年々高まっていますが、子ども達がコンピューターの内面にプログラミング等で触れる機会はまだまだ少ないのが現状です。

2013年にアメリカで始まった「Hour of Code」は小学生から始められるプログラミング入門教育のプロジェクトです。IT系を中心に、多くの企業の協力により世界的に展開され、2016年は世界中で2億人の子どもがプログラミングを体験しました。

2015年「Hour of Code」の日本国内での本格展開が始まり、北海道から九州まで日本各地の学校・企業・地域の施設で、子ども達が1時間プログラミングを体験しました。
日本の将来を担う子ども達に、プログラミング体験を通して、コンピューターにより一層興味を持ち、2016年5月5日こどもの日に1万人がプログラミングできるよう、プロジェクトを実施したいと考えております。

一般社団法人みんなのコード
代表理事 利根川 裕太

一般社団法人みんなのコードとは

一般社団法人みんなのコードは、公教育におけるプログラミング教育の普及・推進を目的として活動している団体です。
日本中の全ての子どもにコンピューター教育の機会を提供することで、個人と社会をより豊かにします。
活動内容等、詳しい情報を知りたい方は
当法人のホームページや、 代表 利根川裕太のブログをご覧ください。

Hour of Code こどもの日1万人プログラミング
第一部の様子

第一部 プログラム

オープニング

日本マイクロソフト株式会社 中川 哲様 挨拶
一般社団法人みんなのコード代表 利根川 裕太 挨拶

小学生プログラマー 澁谷 知希君インタビュー

記念撮影

オープニング

13時30分 Hour of Code Japanこどもの日1万人プログラミングがスタートしました。

ざわざわしていた会場の照明を落として動画を流した瞬間に、一気に子どもたちの視線がスクリーンに。

動画ではスポンサー企業様の紹介や、笠原様や家入様や、あのプログラミングと関わりの深い有名人の方からの応援メッセージを流し、5・4・3・2・1「さあ、Hour of Codeでプログラミングを始めよう!」でスタートされました。

日本マイクロソフト株式会社 中川 哲様 挨拶
一般社団法人みんなのコード代表 利根川 裕太 挨拶

写真右:日本マイクロソフト株式会社 中川 哲様
「未来の仕事の47%はAIやコンピューターに取って代わられるが、そのかわりにアメリカでは2020年に620万人もが”新しい仕事”に就くと言われている。そのために新しい技術を身につけて欲しい。新しい技術の1つは間違いなくプログラミングになるので、マイクロソフトは全力で支援したい」

写真左:一般社団法人みんなのコード 利根川 裕太
「政府も2020年に小学校でのプログラミング必修化を目指しているが、2万校40万人の子どもたちに誰がどうプログラミングを教えるのかが課題。今回のイベントなどを通して、子どもたちはどう学び、どう変化するのかを、保護者にも教師にも多くの人に見て欲しい」

澁谷 知希君インタビュー

スペシャルゲストの小学生プログラマー澁谷 知希君へのインタビューを行いました。

インタビュアー:
アドビシステムズ株式会社 轟 啓介様
株式会社ドワンゴ 折原 ダビデ 竜様
ギットハブジャパン合同会社 池田 尚史様

Q1:いつからプログラミングをしていますか?
A1:お父さんがプログラミングをしていたので、2歳の頃にはエクセルでhtmlを触っていた。記憶にはないけど(笑)

Q2:プログラミングって楽しいですか?
A2:自分で高度なコードを書いて、それが思った通りに動いた時は嬉しい。わからない事がある時には、自分で調べたりリファレンスを見ながら考えています。

Q3:学校でもプログラミングできる友達が増えたら嬉しい?
A3:嬉しいけども、まだ学校では10人に聞いたら9人はプログラミングを知らないので難しいかもしれない。みんなでプログラミングができれば、わからないことを教えあえるし、コードを共有できるので早く友達が増えてほしい。

記念撮影

メイン会場では約140名のこども達で記念撮影をしました。

これからプログラミング体験するのを楽しみにしている笑顔のこどもがいっぱいです。

Hour of Code こどもの日1万人プログラミング
第二部の様子

第二部 プログラム

Hour of Codeでプログラミング体験

賞状授与

ペッパーズ

Hour of Codeでプログラミング体験

第二部では、待ちに待ったプログラミング体験をおこないました。 メイン会場では約140名が、その他全国約100ヶ所の連携会場やご自宅から10,000名を超える同時プログラミング体験となりました。1つステージをクリアするたびに「できた!」と声を出す子や、嬉しそうな顔をして次のステージへと進む子と、多くの子供達と「熱中」と「笑顔」を見ることができました。

賞状授与

プログラミング体験が終わると、賞状の授与が行われました。

1人1人の名前入りの賞状を、チューターさんに名前を呼んでもらって渡してもらえて、どの子も達成感に満ちた笑顔でした。

ペッパーズ

最後にスペシャルゲストとして、感情を持つロボット「Pepper」とお笑いコンビを組んでいる「ペッパーズ」が登壇しました。

漫才の途中でPepperのおデコで会場写真を撮って「笑ってない奴の顔を覚えたぞ」とすごむシーンや、なぞなぞの解答をネット検索するなどロボットならではの”笑い”で会場は大きな笑顔に包まれました。

連携会場の様子

全国約100の会場でHour of Code プログラミングワークショップが開催されました!

番組出演情報

ワールドビジネスサテライトで5月5日のイベントが放送されました!

WBSニュース:1万人の子どもがプログラミング

ほか、以下のメディアにも掲載されました

教育新聞「小中高校生がプログラミング楽しく経験 全国の会場で」 2016年5月6日

ICT教育ニュース「Hour of Code」のこどもの日1万人プログラミング 2016年5月6日

今後も以下のメディアで掲載予定です!

フジテレビキッズ:BSポンキッキーズ(5月下旬)

フジテレビキッズ:みんなのプログラミング(6月下旬)

ZDNet(近日予定)

日本教育新聞社:5/16(予定)

協賛企業

株式会社リクルートテクノロジーズ
日本事務器株式会社
ラクスル株式会社
株式会社マルケト
ジャパン・トゥエンティワン株式会社

メディアパートナー

フジテレビKIDS

特別協力企業

日本マイクロソフト株式会社
株式会社テラスカイ
株式会社CATechKids
株式会社ドワンゴ
株式会社よしもとロボット研究所
ソフトバンクロボティクス株式会社

協力企業

ヤフー株式会社
Adobe
TechAcademy
株式会社ビズリーチ
フェイスブック ジャパン株式会社
ギットハブ・ジャパン合同会社
株式会社ディー・エヌ・エー
SAPジャパン株式会社
Version2
Fusic
株式会社チアリー
株式会社LITALICO
VISCUIT
Monaca.io
株式会社セールスフォース・ドットコム
いこーよ

Hour of Code (アワーオブコード) とは

Hour of Code とはアメリカ発の世界的なプログラミング教育キャンペーンです。

Hour of Code でプログラミングを始めよう

Hour of Code は小学生から始められる世界的なプログラミング入門教育キャンペーンです。

キャンペーンでは1時間から学習できる推奨教材をオンラインで無料提供しています。

また、推奨教材の他にも、各地のワークショップでは、
ロボット、アプリ等主催者ごとに様々なプログラミング教材を体験できます。

教材を試してみる

参加者の声

児童の声

2年生のときに、はじめて Hour of Code をやってみたらとてもたのしかった。 そのあと、3年生になってからは月に一回プログラミングのおけいこにかよってる。 自分でつくったゲームがうごいて、友だちがあそんでくれるのがたのしい。

保護者の声

子どもの習い事として、プログラミングは音楽や絵と同じように創造性を育てると思うので、ぜひやってもらえたらと考えて薦めた。この先、どうしても、学校の成績や受験に繋がる国語算数の塾に絞ってしまいがちだが、プログラミングについては今後もぜひ続けてもらいたいと思っている。

その他のお問い合わせ

保護者の方、企業の方、メディアの方はこちらからお問い合わせください。

info@code.or.jp

よくある質問

Hour of Code とは何ですか?
Hour of Code とは米国NPO Code.org の主唱する世界的なプログラミング教育推進のプロジェクトで、小学生から参加できるようにタイピング不要なブロックプログラミングの教材を無償で提供しています。
プログラミングを学ぶ意味はどのようなものがありますか?
コンピューターやアプリへの意識が「単に使う」ものから「自分で作れる」に変化し、コンピューターへの向き合い方が変わります。
教材をまずは見てみたいのですが
Hour of Code はインターネットに繋がるパソコンまたはタブレットがあれば誰でもどこでも開催できます。会員登録や費用の支払い無しで教材はこちらから利用可能です。 また、その他の教材での参加も歓迎しています。
主催者はどのような団体ですか?
Hour of Code はアメリカの非営利法人 code.org が 世界中で主唱し、日本国内では一般社団法人みんなのコードが日本国内事務局として推進しています。各地のワークショップは、各地の企業・学校・NPO等が主催しています。
対象は何年生からですか?
親子ペアの場合は1年生から実施可能です。初めて学校で教える場合は4年生以上が推奨です。中高生向けのコースも用意しています。